美味しいお茶の淹れ方

お茶の平岡園の煎茶(深蒸し茶)、和紅茶、和烏龍茶、ティーバッグ、それぞれのおいしい淹れ方をご紹介します。
なお、この淹れ方は、おひとり用です。おふたりの場合、茶葉2倍ですと濃く出ますので、1.5倍程度がおすすめです。3人以上も同様です。茶海や片口、ピッチャーなどに注いで、お茶の濃度を均一にしてから注ぎ分けると簡単です。また、すべてのお茶は冷茶にも出来ます。

煎茶(深蒸し茶)の淹れ方

温かいお茶(一人分)
  1. 深蒸し茶対応の急須に4~5グラムの茶葉を入れます。
  2. 茶碗にお湯を注ぎ、75~80度までお湯が冷めるのを待ちます。
  3. 急須に湯冷まししたお湯を注ぎ、40秒ほど、じっくり待ちます。
  4. ゆるりと最後の一滴まで注ぎ切ります。
お湯の温度が低いほど渋みを抑え、旨み・甘みを感じやすくなります。ただ、お湯の温度が低いと香りも少なくなります。渋みや香りを楽しみたい場合は、お湯の温度を高めに調整してください。各商品ページにおすすめの淹れ方を記載していますので、是非お試しください。
二煎目は85℃、三煎目は90℃(ポットから直接)で待たずにサッと淹れます。

冷たいお茶(水出し)
  1. フィルターインボトルに茶葉 10gを入れます。
  2. 水を750ml入れて3〜4時間、冷蔵庫で冷やします。ボトルは寝かせた方が浸出しやすいです。
水出しは渋みやカフェインがほとんど出ないので、カフェインが苦手な方やお子さまにおすすめです。

冷たいお茶(急冷)
  1. 氷をいっぱいに入れたグラスなどを用意します。
  2. 上記の温かいお茶を少し濃い目にグラスへ注ぎます。
水出しの冷茶に比べ、香りや渋みも楽しむことができます。

和烏龍茶の淹れ方

温かいお茶(一人分)
  1. 急須またはティーポットに2~3グラムの茶葉を入れます。
  2. 急須に熱湯を注ぎ、30秒ほど、じっくり待ちます。
  3. しっかりと最後の一滴まで注ぎ切ります。
二煎目、三煎目も30秒ほど待ってから淹れます。

冷たいお茶(水出し)
  1. フィルターインボトルに茶葉 10gを入れます。
  2. 水を750ml入れて3〜4時間、冷蔵庫で冷やします。ボトルは寝かせた方が浸出しやすいです。
水出しは渋みやカフェインがほとんど出ないので、カフェインが苦手な方やお子さまにおすすめです。

冷たいお茶(急冷)
  1. 氷をいっぱいに入れたグラスなどを用意します。
  2. 上記の温かいお茶を少し濃い目にグラスへ注ぎます。
水出しの冷茶に比べ、香りや渋みも楽しむことができます。

和紅茶の淹れ方

温かいお茶(一人分)
  1. 急須またはティーポットに2~3グラムの茶葉を入れます。
  2. 急須に熱湯を注ぎ、3〜5分、じっくり待ちます。
  3. しっかりと最後の一滴まで注ぎ切ります。
煎を重ねる場合は、一煎目を5g 60秒、二煎目30秒ほどでお試しください。
冷たいお茶(水出し)
  1. フィルターインボトルに茶葉 10gを入れます。
  2. 水を750ml入れて3〜4時間、冷蔵庫で冷やします。ボトルは寝かせた方が浸出しやすいです。
水出しは渋みやカフェインがほとんど出ないので、カフェインが苦手な方やお子さまにおすすめです。

冷たいお茶(急冷)
  1. 氷をいっぱいに入れたグラスなどを用意します。
  2. 上記の温かいお茶を少し濃い目にグラスへ注ぎます。
水出しの冷茶に比べ、香りや渋みも楽しむことができます。

煎茶ティーバッグの淹れ方

温かいお茶(一人分)
  1. 小ぶりな茶碗(70mlほど)にお湯を先に注ぎます。
  2. お湯が冷めて80度になったらティーバッグひとつ(3g)入れます。
  3. 60秒ほど、じっくり待ちます。
  4. 上下に揺らして濃さを調整します。

冷たいお茶(水出し)
  1. 水筒などにティーバッグを入れ、氷と水を入れます。250mlにつきひとつ(3g)ほどです。
水出しは渋みやカフェインがほとんど出ないので、カフェインが苦手な方やお子さまにおすすめです。

冷たいお茶(急冷)
  1. 氷をいっぱいに入れたグラスなどを用意します。
  2. 上記の温かいお茶を少し濃い目にグラスへ注ぎます。
水出しの冷茶に比べ、香りや渋みも楽しむことができます。

和紅茶ティーバッグの淹れ方

温かいお茶(一人分)
  1. マグカップなどにティーバッグひとつ(3g)入れます。
  2. 3分ほど、じっくり待ちます。
  3. 上下に揺らして濃さを調整します。

冷たいお茶(水出し)
  1. 水筒などにティーバッグを入れ、氷と水を入れます。250mlにつきひとつ(3g)ほどです。
水出しは渋みやカフェインがほとんど出ないので、カフェインが苦手な方やお子さまにおすすめです。

冷たいお茶(急冷)
  1. 氷をいっぱいに入れたグラスなどを用意します。
  2. 上記の温かいお茶を少し濃い目にグラスへ注ぎます。
水出しの冷茶に比べ、香りや渋みも楽しむことができます。