くき茶・造込茶

くき茶は、煎茶を仕上げる過程で抜く茎をメインに使ったお茶です。九州だと「白折茶」、京都では「雁が音茶」と呼ばれています。
造込茶は、煎茶のように茎や粉を抜かずに火入れをしたお徳用のお茶です。「荒茶作り」や「荒茶風」として売られることもあります。